音痴から歌手レベルにまで⁉歌唱力を磨こう!

>

どこまでも伸びますよ!歌唱力を磨きましょう!

合唱向けの上達方法

合唱は、一人で成り立つものではありません。
複数の人と声を重ねてハーモニーにしていくのが合唱の醍醐味です。
合唱において重要なのは、一緒に歌う人の声がちゃんと一人一人主張させているかどうか。
そして、自分も負けじとちゃんと自分らしい歌声を出しているか。
この2点が合唱上での歌の上手い下手の基準になっています。
これは、細かい調整が上達への鍵となっています。

個人的に磨くならば、自分の得意な、自信をもって出せる音域を、完成度の高いものにしていき、表現を加えていくのが大事でしょう。
それぞれの得意不得意を活かして、カバーしあえるのが、合唱の大きな魅力です。
そして「収束した上達」が、合唱向けの歌い方の歌唱力の上達大きな特徴であるのです。

ソロで伸ばす方法は多種多様!

こちらの方が、気になる人も多いかもしれません。
独唱においての歌い方は、場面と目標に応じた歌い方があって上達の方法も異なりますから。

こちらでは、カラオケを例に挙げて、共通する上達の方法を書いていきます。
独唱のどの場面においても大事なことは、メロディーラインの大事な部分をしっかりと見極めること。
最近のカラオケでは、採点システムに表現力によって点数が加算されるようになっています。
この表現力も歌唱力において欠かせない要素ではありますが、従来に残っている要素として、どれだけ正確に歌えているかが課題となっていました。
歌う曲の一番高い音はだいたいはサビの部分、一番低い音は最初のメロディーに含まれることが多いです。
この二つのメロディーを完璧に歌えるように日々努力を重ねていけば、足りない音域はいつの間にか出せるようになって残りのメロディーもより美しく奏でることができるようになりです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る